FC2ブログ

スポンサーサイト
スポンサー広告 | | | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デュエル胴部その5
Blog Community:ガンプラ制作 - 趣味・実用 | GAT-X102 DUEL ASSAULTSHUROUD | CM:0 | TB:0| edit
まただいぶ日が経ってしまいましたな.HAHAHA

・・・というのは,就職活動の結果としていくつか内定を持っていたのですが,諸々の事情で辞退することになりまして再び内定を貰うのに時間がかかってしまいました.

とりあえず,内定を貰えたので一安心.

これからはまた継続してブログの方を更新していきたいと思います.おれガンバル.

まず「どこまで書いてたんだっけ?」ってとこから把握して,7月中一度も更新してないってことで本日更新と相成りました.

ってなわけで,今回はデュエルのビームサーベルの取り付け位置変更とアサルトシュラウド(以下,AS)の腰(後ろ)のパーツの取り付け方法変更について書いていきます.

前回(だいぶ前に)書きましたが,今後の事情でビームサーベル位置を動かす必要が出てきました.そこでその取り付け部(矢印)をコンバートします.
GAT-X102(81)

まず切り外して・・・
GAT-X102(82)

はい、すっきり.(反対側も同様の加工をしています)
GAT-X102(83)

これでデュエル本体が丸腰になってしまったわけですが,(あっ イーゲルシュテルンがあったか
「やっぱり本体に装備させときたいなぁ,でもいい感じの位置がないなー」とぐぬぬと考えた末にやっと見つけました,その場所を.

サイドアーマーです(キリッ
GAT-X102(84)     GAT-X102(85)

というわけで,取り付けられるように加工しました.とりあえず取り付けられるようにしただけなので,この後少々デコるかもしれません.

次にASの腰部,特に後ろについてです.元々はデュエル本体とピンによる取り付けとなっていましたが,後々塗装することを考えると取り付け方としてあまり宜しくありません.

そんなわけで,このデュエル制作で恒例のマグネットによる取り付けに変更しました.
具体的な作業としてまずピンを切り落とし,腰部後ろの下三角のところにプラスチックマグネットを埋め込み,AS側にはネオジム磁石(4×4×1㎜)を接着しました.(左図)
GAT-X102(86)     GAT-X102(87)

が,この取り付け方だと要は一点で取り付けているだけなので前後左右にグラつきます.その解決策としてガイドレールみたいなものを追加しました.これによって本体腰部に引っ掛けるように取り付けます.
GAT-X102(88)     GAT-X102(89)

あい,完成.
GAT-X102(90)

これで左右は大分固定されるようになりましたが,前後についてはまだぐらつきます.その辺を今後改良しなくてはなりません.でも,可動範囲がごにょごにょ

作業は以上になります.次はAS前側の取り付け方変更と武装を製作していこうかなと考えています.

では,今日はこの辺でノシ
スポンサーサイト
Comment Writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://nontitle314.blog16.fc2.com/tb.php/197-a8597dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。