スポンサーサイト
スポンサー広告 | | | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デュエル腕部その1
Blog Community:ガンプラ制作 - 趣味・実用 | GAT-X102 DUEL ASSAULTSHUROUD | CM:0 | TB:0| edit
今年も残り半月となりました.年末~来年にかけて就活に修論の中間発表と中々時間が取れない状況になりつつあります.

近況ですが,待ちわびたこれをやっと手に入れました.

PEPSI NEX 機動戦士ガンダム BE@RBRICK 
BE@RBRICK(シャアザク)

ですが,目当てのベアッガ・・・失礼しました.アッガイがありませんでした.しょんぼり

しかし「まだだ,まだ終わらんよ!」別のところで探してみます.

他にはドム3つで「黒い三連星」ってのもやってみたい.当分はPEPSI三昧になりそうです.

さてデュエルの方ですが,今回は肩アーマーの後ハメ加工を行いました.
その肩ですが,青いパーツを前後の白いパーツで挟んで組む構成となっています.
GAT-X102(24)

このままだと

「青いパーツを塗装→それをマスキング→そのまま挟み込み→白いパーツを塗装」

なんてことになるので,自分としては非常にメンドクサイ.そこで青いパーツに後ハメ加工を施します.

まず前後の白いパーツの内側にある凸(赤丸部)を切り飛ばします.
GAT-X102(25)
(左:加工後,右:加工前)

その位置に軸の受け部を設けます.使った受け部はWAVEのPC-02(内径2mm)です.
GAT-X102(26)

上腕とのクリアランスの関係から最終的には下図のような形になりました.
GAT-X102(27)

これを先程の白いパーツで挟み込むように接着して軸の受け部の完成(下図).位置は現物合わせとなっております(汗)
ただこのままでは青いパーツと干渉して取り付けが出来ませんので,パーツの一部(赤丸部)を削る必要があります(下右図).
GAT-X102(29)     GAT-X102(28)
(左:加工後,右:加工前)                   (左:加工後,右:加工前)

この加工に対して青いパーツの方は軸を設置しました.
GAT-X102(30)
(左:加工前,右:加工後)

この軸を用いて受け部の正面に向けて青いパーツを取り付けるようにしました.
GAT-X102(31)
(左:加工前,右:加工後)

以下では,加工前と加工後の外見の変化及び可動範囲の比較を行っています.
GAT-X102(32)     GAT-X102(33)
(下:加工前,上:加工後)                   (左:加工前,右:加工後)

上左図を見ると今回の加工で肩アーマーの幅が若干広くなりましたが,可動範囲は加工前後でほとんど変わっていないことがお分かりになるかと思います.

以上で,後ハメ化が完成.次は上腕の可動範囲の拡大を行います・・・というかもうすでに片方だけですが,出来あがっています.なので次の更新はホントに近日中になるかと思います.詳細はその時にて.

では,今日はこの辺でノシ
スポンサーサイト
Comment Writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://nontitle314.blog16.fc2.com/tb.php/185-4abc4e1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。