FC2ブログ

スポンサーサイト
スポンサー広告 | | | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デュエル脚部その4
Blog Community:ガンプラ制作 - 趣味・実用 | GAT-X102 DUEL ASSAULTSHUROUD | CM:0 | TB:0| edit
今年もあと1カ月近くとなりました.その間にせめてデュエルの胴体くらいまでは終わらせたいなーと思っております.

「そんな考えで大丈夫か?」 「大丈夫だ,問題無い

Σ( ̄□ ̄;)

就活やら研究がありますので,厳しいかもしれません.あとモンハン3rdとか

一方ストライクは,前回から放置プレイの真っただ中にあります(何 こちらも年内には撮影の方を終わらせたいな・・・という状態です.

さてデュエルの方ですが,今回は脚部アサルトシュラウドのマグネットでの取り付けを改良しました.改修目的はズバリ「見た目」です.
前回の記事の終わりで書いたマグネット接続についてですが,新たに「HIQPARTS」のネオジム磁石(丸型5mm×2mm,下画像左)を用いてアサルトシュラウド(以下,AS)に取り付けるパーツを製作しました(下画像中央).
GAT-X102(20)

大きさは8mm×9mm×2.5mmとなっております.穴は手持ちのピンバイスのドリル径がφ3mmまでしかなかったので,丸型ヤスリで拡張して開口し,ネオジム磁石を挿入.これを取り付けました.
GAT-X102(21)     GAT-X102(15)
(左:改修後,右:改修前)

またこのASですが,そのまま組むとパーツ正面に合わせ目が生じます.これを回避するためにアンクルガード及び二―ガードを切り離して,一方に寄せて接着しました.更にアンクルガードにあったモールドは削りとって新規に製作しました.
GAT-X102(22)

上図でアンクルガードと二―ガードの間に2枚プラ板が横に出ていますが,これはパーツを組む時のガイドレールとして取り付けています.現状まだ出来ていませんので,次回ご紹介したいと思います.

以上の工作で,このようになりました.
GAT-X102(23)

まだディテールアップやスジ掘りなどが残っていますが,脚部は大体完成.実際は既に腕部の製作に移っています.説明書見て,「肩アーマーの後ハメとかどうすりゃいいの?」なんて思ったりしていますが,何とかなりそうです.詳細は次回にて.肘はストライク宜しく,二重関節にする予定です.

では,今日はこの辺でノシ
スポンサーサイト
Comment Writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://nontitle314.blog16.fc2.com/tb.php/184-d45eade8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。